So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ハムフェアー2016へ行ってきた [アマチュア無線]

昨年・・・,思いがけない事故により行くことが出来なかった「ハムフェアー」。 「今年こそは何としても!」と,かなり強い思いで!,そして意気込んで行ってきた。

・・・といっても,開催初日は当方が住む地域の行事と重なり,実際行けたのは2日目だけ・・・。

DSCN9852.jpg

到着は開場1時間半くらい前だったかな?

すでに無線機を手に持った人,カバンやベルトに無線機を装着した人たちが沢山いて,144MHz帯,430MHz帯,1200MHz帯,そしてデジタル簡易無線を聞くと,多くの交信が行われている。

この看板を見て,各無線交信を聞いていると,気分はもう「ハムフェアー・モード」

とりあえずチケット購入・・・,と会場へ向かうと・・・,

DSCN9851.jpg

会場の入り口前に 「黒牛!」 が一番先頭で開場を待っていた。

  ★ 牛どぉ~ん!

まぁ~,冗談はさておき・・・, 入場して先に見てまわったのは各メーカーブース。

DSCN9858.jpg

YAESU 「FT-991」 のマイナーチェンジ版 「A」シリーズ。  このクラスの無線機で「リアルタイムのスペクトラムスコープ」搭載で,広範囲を常時監視することが可能だなんて,正直すごい!の一言。

また同じYAESUブースで展示されていた,HF帯~50MHzまでをカバーする「FT891」

DSCN9892.jpg

まぁ~,この大きさだからオートアンテナチューナーが内蔵できなくても仕方ない けど,「本当にコンパクトにまとめられているなぁ~」と感じた。 また,操作パネル部分も脱着可能なようで,これなら,車載する際も設置場所を(あまり)気にしなくて済む。

また,オプションのアンテナチューナー(FC-50)も本体と同じ大きさだから,普通に重ねて置いても違和感がない!

  ★ FT-857は「FT-897」の側部に装着できるチューナーだったからなぁ~

続いて ICOM ブース。

DSCN9876.jpg

新製品というか,参考出品されている無線機もあったけど,自身が一番気になっていたのはこの無線機。

昨年のハムフェアーで発表され,実際に見て触ることが出来なった「IC-7300」

何度か無線ショップなどで拝見させてもらったけど,電源が入った状態のものを見るのは初めて。 思っていたより画面がきれいだ。

  ★ そういえば・・・,当方宅に「IC-703」があるけど・・・,買い換えようかなぁ~?

続いて JVC KENWOOD ブース

申し訳ない! 新製品で発表されていた 「TH-D74」 の写真を何枚か撮ったのだが,全てピンボケ!

  ★ なんてこったい!

で!,その「TH-D74」だが,1台で「APRS」,「D-STER」に対応しているという無線機ということで,手に持って説明を頂きながら触らせてもらった。 

携帯型無線機ありながら画面はカラーだし,装備された機能も恐らく全て使いこなせないだろう!といくらい盛りだくさん! 正直,お値段もそれなりなんだろうなぁ~,と思ったら,やはりそれなりだった。

この他・・・

DSCN9859.jpg

コメットブースに置かれていた,牽引型移動車両。  う~ん・・・,正直実用としてどうなんでしょ?

アンテナメーカーとして出店していた第一電波のブースに,このほど導入されたとアナウンスがあった,1BOX型移動車両を探したけど,会場内には無かったようだ。

  ★ 屋外にあったのかな・・・?

それと,ハムフェアー40周年ということで展示されていたパネルを,当方の無線ライフ(?)を振り返りながら,興味深く見せてもらった。

DSCN9868.jpg

  ★ 横浜時代は一度も足を運んだことなかったけど,晴海は懐かしい!

最後に,今回会場内で購入した品々。 1日しか行けなかったので,かなり(?)残念な結果。

DSCN9894.jpg

書籍3冊購入。 今後熟読させて頂こう!

「Masaco」さんに会場内でお会いできたけど,「FMぱるるん」の前でお忙しそうだった。 でも,クリアーファイルをブースで頂いた。

それと会場に入ってすぐ,KENWOODのお姉さんに団扇を頂いたけど,レベル高すぎで・・・ オッサン・メッチャ緊張!赤面しまくり!! 

DSCN9895.jpg

そうそう,先日購入した「デジタル簡易無線」のアンテナを屋外(家のベランダ)に設置しようと思い,モービル用アンテナだけど基台と一緒に購入。

ハムフェアーも終わり・・・,自身の中の感覚では今年の夏は終わった・・・,という感じ。

そうだ! 忘れないうちに!,来年のハムフェアーは8月中の開催ではなく,9月最初の土・日曜日に開催されるようである。  

来年は,頑張って2日間行けるといいなぁ~。


初!DCR交信! [アマチュア無線]

今日・・・,自宅からバイクで3時間半チョット走ったところにある,とある山裏へと出かけてきた。

そこでバイクで走って,色々なものをただ見るのも悪くはないけど,先日購入した「デジタル簡易無線」・・・,この周波数帯の交信などにも興味があったので,一緒に持っていってみた。

DSCN9829.jpg
DSCN9830.jpg

見晴らしの良い山の中腹で,電源を入れてみた。 

すると,さすがに山の中腹ということもあるのだろう,全てのチャンネルが埋まっている(使用されている)ことはなかったけど,あちらこちらのチャンネルで色々な交信が聞こえる。

聞いていて結構多かったのは,業務的に使用している方々の通信。 そして近くでお祭りでもあるのかな?,警備に当たっているような方の通信などなど・・・。

で!,ようやく聞こえてきた(見つけた),フリーライセンス方々の交信。

  ★ 言い方が変!

「おぉぉ・・・,こんな感じで交信しているのかぁ~」と,興味深く聞かせてもらった。

この方との交信が終わり,「他にどなたか・・・」というアナウンスに恐る恐るコールしてみると返答があった。

「じっ実は・・・,アマチュア無線は多少はやっているのですが,DCR交信は今日が初めてなんです!」なんて話すと,アマチュア無線との(チョットした)違いや,DCRの世界観やルールみたいな話を,それはもう親切丁寧に教えて頂いた。

この方との交信時間は,20分程度だったかな・・・? 初めての帯域に,初めて声を出すのって本当に緊張するものだ。

久しぶりに「無線の世界の初心者」に戻れたような感じがした・・・。

今回は,この方との交信のみだったけど,また機会を見つけて,「デジ簡」を持って出かけてみようと思う。

  ★ 今年のハムフェアーには絶対持って行くぞ!


時期的にまだ少し早いねぇ・・・ [PCX125]

ここ数日・・・,テレビラジオを聴いていると,「〇〇高速道路は〇〇付近を先頭に〇〇km以上の渋滞が・・・」というアナウンスが頻繁に流れ,当方自身も折角の休みとはいえ正直外出する気を失わせる。

まぁ~,時期が時期だけに毎年のことで仕方ないのだけれど・・・。

そんな中でも,混んでいる高速道路や混んでいるテーマパークなどを横目に,混んでいない場所を探して,チョットした(気が滅入らないような)プチツー場所を探すのが,当方自身の,毎年この時期ならではの楽しみ方だ。

という訳で,自宅からバイクで3時間半チョット走ったところにある,とある山裏へと出かけてきた。

  ★ 3時間半チョット・・・は,もちろん全て裏道だぁ!

裏道の走行は,思いがけず人や車などの飛び出しなどもあり,それなりの注意が必要だけど,注意を払いながら走れば,結構快適なプチツーだ。

で!,平野よりも気温が低く,林道の両脇に生える木々の,あの独特な匂いを胸いっぱいに吸い込みながら到着した,山中腹に広がる田園風景。

DSCN9797.jpg
DSCN9806.jpg
DSCN9795.jpg
DSCN9798.jpg

まだ時期的に早いと思うけど,稲もだいぶ色づき,いい具合に頭を垂れている。 収穫時期は9月上旬ころかな・・・?

そして,少し走って目についたものといえば・・・,

DSCN9807.jpg
DSCN9810.jpg
DSCN9809.jpg

「栗の木」だぁ~。

イガイガ部分はまだ緑色だけど,形も良く一つ一つが本当に大きい!,実も少し色づいてきている物もあったり・・・。

そして,栗の木から少し離れた場所には・・・,

DSCN9819.jpg
DSCN9820.jpg
DSCN9821.jpg

「柿の木」

栗の実と同じで,色づきはまだだけど,一つ一つの身は結構大きく育っている。

どれも 「秋」 を象徴するものだけど,「秋」を感じるには,まだ少し(?)早かったなぁ~。 

この後,一度一般道へ出て,再び山道(林道)を進む・・・。 すると今度は林道脇に生える,赤い実が沢山ついた野草にに目が止まった。

「この赤い実は何だろう?」と見てみると・・・,

DSCN9825.jpg
DSCN9827.jpg

この葉っぱの形・・・,そして実の付く茎に絡みつく枯れたツル・・・。

もしかしてこれは,毎年5月頃,家の近くの雑木林で目にする「ウラシマソウ」の実なのかな・・・!?

実は・・・,家の近くの雑木林に生える「ウラシマソウ」は,この時期になると雑草に覆われてしまい見ることが出来ないので,もしこの実がそうなら感動ものかも・・・。

更に林道を進み,少し標高が高いところで・・・,

DSCN9823.jpg
DSCN9824.jpg

「ススキ」を発見!

この「ススキ」もまだ,穂の部分が本格的に開いている感じはなく,穂に緑色も見られる。 そう,秋本番で見られる「フサフサ~」な感じはなかった。

今回のプチツーは,地味といえば地味で,誰もが行くような特別な場所に行ったわけではなかったけど,色々なものが,次の季節に向けて着実に進んでいる,そう感じた,発見できたツーリングだった。 

そうそう,今回の当方の足となって一緒に走ってくれたバイク「PCX125」・・・,かなり前から気になっていた,1DAYツーリングでの燃費はというと・・・,

DSCN9835.jpg

おぉぉ・・・,結構いい感じに伸びているジャン!

  ★ 今回の総走行距離・・・,No 給油で400km強! (すんげぇ~!) 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

PCX125 自身初オイル交換 [PCX125]

今回も先月初めころのネタ・・・。

PCX125を購入して,乗れなかった時期も含め1年半が過ぎ,距離も連日乗れている訳ではないので,ようやく「5,500km」を超えた。

そろそろオイル交換もしなければと思い始めていて,ネット情報やマニュアルを見ながら挑戦してみた。

前回は,初回点検と合わせてやってもらったんだっけ。

  ★ 1,000kmを過ぎた頃だったかと・・・

オイル交換自体,自身で所有するバイク(KSR2 & CB1300SB)で何度もやっているので,ポイントさえ押さえてしまえば問題なくできるだろう。

色々調べていると,PCXにはフィルターが装着されていると知った。 しかしCB1300SBに装着されているようなオイルフィルターではないという。

とりあえず,エンジン下部に廃油ボックスを忍ばせ,ここがドレンだろう!と思われるボルトを外しオイルを抜いていく。

DSCN1087.jpg

続いて,フィルターが装着されている所のボルトを外す。

DSCN1082.jpg
DSCN1083.jpg
DSCN1084.jpg

エンジン下部に入れた廃油ボックスで,流れ出てくるオイルの色はあまり観察できなかったけど,フィルター部分から流れ出るオイルの色を見ると,思いのほか真っ黒。

ネット状のフィルターに付着物があるのかな?,と思い見てみたが何もなかった。

とりあえず,フィルターをパーツクリーナーで吹き,エンジンオイルが抜けたと思われる頃に元に戻していく。

DSCN1089.jpg

一通りボルト類を閉め,最後に新品オイルを注入していく。

  ★ あぁぁ~,なんてキレイなオイル色!

注入する際,チョットした問題が・・・。 オイル注入口が思ったより小さかった。 急遽,模型で使用するプラスチック板を切り,注入口に合うように丸めオイル注入した。

  ★ やはり専用の物が必要かな・・・?

さて,まだ距離的には大丈夫だと思うけど,今後ベルト交換とウェイトローラー交換も頭に入れておかなきゃいけないなぁ~。

現在,ショップで交換するか,自身で専用工具を購入するか,悩みモード全開中!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

PCX125 プラグ交換 [PCX125]

8月に入り,昼間は外に出る気になれず,夜も熱気ムンムンで寝られず・・・。 よほど気温が高いのか(?),セミも昼夜を問わず「ワシャワシャ」と鳴いている。

連日本当に・・・,お暑つう~ございます。

さてさて,

ここのところ,ココに記載するネタが前後しまくっているけど,今回も先月初めころのネタ・・・。

PCX125を購入して,乗れなかった時期も含め1年半が過ぎ,距離も連日乗れている訳ではないので,ようやく「5,500km」を超えた。

同じPCXに乗る方々のブログなどを見ていると,プラグを「イリジウムプラグに交換」されている方が,結構いるように思え,これは当方も交換してみよう思い交換してみた。

DSCN1081.jpg

PCXは単気筒なので,高価なイリジウムプラグも1本で済む。

  ★ CB1300SBは4本も必要だったので購入できなかった・・・ orz 

左側のマットを外し,メクラ板を外すだけで,目的場所ココだよ!と言わんばかりに,プラグキャップが見える。

DSCN1072.jpg

 プラグキャップを外し,プラグ本体を外そうとして,早速に問題発生。

DSCN1073.jpg

当方の工具箱にあったプラグレンチが太すぎて,プラグに届くどころか,プラグが装着されているエンジン本体の窪みにさえ入らない。

今一度,購入してきたプラグを見てみると,当方が所有する2台のバイク(CB1300SB&KSR2)に装着されているプラグより一回り細かった。

息込んだはいいがここまでか?,と思ったけど,何気にシート下のメットホルダー内を見ると,黒い工具袋に目が止まり,開けて見ると・・・,

DSCN1075.jpg

プラグレンチが入っていた。

  ★ おぉぉ・・・!,助かったぁ~!

あとは入れ替えるだけ!

DSCN1076.jpg
DSCN1079.jpg

これまで装着されていたプラグを見るも,そう傷んでいる感じはない。 このまま予備用として保管できそうだ。

で! だぁ~!!, 気になるイリジウムプラグ装着後の感想や走りは・・・,

それはもう!もう!!もう!!!・・・

入れ替えただけのことあってか!?, プラグ交換して,当分の間は大丈夫だろう!という安心感は出たけど,走り方そのものが変わった感じはないように思う。(あれ?)

まぁ~,これはこれでいいでしょ!

次回は,同じ日にやった,「初オイル交換」編だ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

職場に届いた沢山のデジ簡! [アマチュア無線]

先月末・・・,

職場に沢山のハンディ型「デジタル簡易無線機」が届いた。

DSCN9637.jpg

その数,全部で50台ほど! 全てICOM社の「デジタル簡易無線機」だ。

届いてすぐ,担当部署の上司に呼び出され 「明日の業務に間に合うよう整備してくれ!」 ということで即!作業開始・・・。

その業務には・・・, 

そう,当方自身もその業務のセンター局として当たらなければならない! なので作業は慎重に!

しかし,これだけ同じ無線機が目の前にズラリと並ぶと・・・,翌日の業務の事なぞ忘れ,「心ウキウキ♪」というか,「目の保養♫」というか,まるで無線関連の仕事に転職したかのよう・・・?

作業を進めながら当方を呼び出した上司と,無線機を手配した担当者に話を聞いてみると,今回は職場の都合上,急遽レンタルしたものなんだとか・・・。

  ★ よく,これだけの無線機揃えられたね!

初期設定(作業)もそこそこの時間で終わって,全ての無線機が充電器に並び・・・, 先月自身で購入した無線機,「STANDARD VXD20」を一番前に並べてみた。 

まぁ~,何というか・・・,

  「おぉぉ!,おまいら,明日の仕事のセンター局は俺だぜ!」

        「仕事が終わったら,みな即!「赤ちょうちん」に集合だぜ!」

って感じ・・・?

DSCN9639.jpg

・・・で,その業務も無事に終わり・・・,

DSCN1065.jpg

結果的に,このアンテナを取り付けた当方の「VXD20」は,どの無線機よりも最強!無敵だった!

「赤ちょうちん」へ行ったかどうかは・・・,「ナイショ!」


暑い夏に熱い車の祭典! (その2) [KSR2]

今日は早朝から,TEA BREAKさんの誘いを受けて,埼玉県北足立郡伊奈町にある「埼玉自動車大学校」の「オートジャンボリー2016(文化祭(?))」へ行ってきた。

で!,前回の続き・・・。

「1円」で売られていた「KSR2」のショックを隠し切れないまま,続いてグランドへと向かった。

グランドには沢山の車両が並べられている。 見ると一般の方が持ち込んだ車両のようで,どれも名車ばかり。

DSCN1265.jpg

やっぱり,古い車はどれも個性があっていいねぇ~。

DSCN1288.jpg
DSCN1285.jpg

ボディーは痛んでいるけど,チャンと自走している三輪車。 この三輪車のメンテナンスは本当に大変だろうなぁ~!,と思うけど,何よりこの車両に履かせているタイヤってまだ手に入るのかな・・・?

  ★ 荷台に乗ってあった「茶箱」が時代を感じさせてくれた! 

グランドに並ぶ沢山の車両の中に・・・,知る人ぞ知る(?),こういう車両も展示してあった。

DSCN1292.jpg

  空を飛ぶ ・ 空に舞い上がり ・ 横転しながら吹っ飛んでいく「黒いセダン車」・・・。

DSCN1284.jpg

  そんじゃそこらの車には絶対負けない,チョットしたレースにも出られそうな,赤い車・・・, 

DSCN1294.jpg

  ボンネットに「機銃」こそ装着されていないけど,運転者自ら,運転席から「ショットガン」をぶっ放す「ゴールド&ブラック」2トンカラーのスポーツカー・・・。

  ★ そう!アレですよ アレ・・・!

これまで,いくつかのクラシックカーの祭典に足を運んできたけど,こんな車両までが展示してあるとは思わなかった。

グランドに並んだ車両は100台以上はあった(と思う)。 

  ★ 写真はたくさん撮ったけど紹介しきれない!

そんなこんなしている内に,2スト・エンジンの甲高い音が聞こえてきた。

DSCN1303.jpg
DSCN1305.jpg

「おぉぉ・・・,これは先ほど感動したレース用サイドカーではないか!」

会場内の案内役の人に聞くと,レースとまでとは言わないがチョットした走行会をやるという。

で!,この走行会にバイクの世界では有名な「トッキー」こと,「とき ひろみチャン」が走るということで,「オッサンホイホイ」で見に行った。

走行会の最初の方は体験試乗会。

  ★ 体験者は皆パッセンジャー側

DSCN1317.jpg
DSCN1316.jpg

スピードはレースの時ほど出ていないのだろうけど,みんなうまいなぁ~。 地面スレスレの間隔ってどんな感じだろう・・・?

数人が体験試乗して,いよいよ!

DSCN1323.jpg

「トッキー」登場!

DSCN1324.jpg
DSCN1325.jpg

「プロ!」とはいえ,あんなに細くて軽そうな女性がパッセンジャーとして乗りこなせるなんてすごすぎる・・・。

DSCN1344.jpg
DSCN1346.jpg

今回はイベント走行会ということだけど,実際のレースともなると,運転者とパッセンジャーとの呼吸が少しでもズレると,普通のバイク以上に吹っ飛んでいくんだろうなぁ~。

  ★ あぁぁ・・・,コワいコワい・・・

実はこの後,この走行会で走った「とき ひろみ」さんと,自身が乗るこの車両について話をすることができ,またこのレース用サイドカーに跨らせてもらった。

さて,初めて訪れた「埼玉自動車大学」の文化祭・・・。

実車あり,旧車あり,展示多数あり,体験あり,コミュニケーションありetc・・・,で本当に楽しかった。

来年も行ってみようかな・・・。

最後に校内の販売所でゲットした物。

DSCN1363.jpg
DSCN1364.jpg

この,レース用サイドカーのポストカードが,今回の一番のお気に入り


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

暑い夏に熱い車の祭典! (その1) [KSR2]

今日は早朝から,TEA BREAKさんの誘いを受けて,埼玉県北足立郡伊奈町にある「埼玉自動車大学校」の「オートジャンボリー2016(文化祭(?))」へ行ってきた。

自宅を6時前に出て,待ち合わせ場所の「モエモエ神社」・・・,そう,埼玉県鷲宮町の「鷲宮神社」へ向かった。

DSCN1163.jpg

少し早目に到着。 今日はお祭りの日のかな?,山車が出ていたり,境内の掃除,テント設置が進められていた。

また,久しぶりに来たけど,駐車場あたりが少しキレイになっている気がする。

  ★ 早朝にもかかわらず 「痛車」 数台停まっていた

待ち合わせ時間より少し早目に,今回の参加者が集まり,境内散策後出発した。

DSCN1170.jpg

今回の目的地「埼玉自動車大学校」。 開園時間前に到着して,正門から中をのぞいてみる。

すると・・・,

DSCN1171.jpg

正門内にズラリと並ぶ  「TOYOTA 86」

ナンバープレートも「86」の後の数字がキレイに「01,02,03・・・」と並んでいる。

  ★ ある意味スゴイ!!

開園時間を迎え,正門に並ぶの「86」の車列に迎えられ入ってくと・・・,

DSCN1175.jpg
DSCN1181.jpg

真っ先に目に入ってきたのは,その昔の「86」。

当方が免許を取った後,世に送り出されてきた車体だぁ~。 なんてキレイに整備されているんだろう!

最近(?),とあるマンガか何かで騒がれ人気車種のようだけど,あの頃は今ほど騒がれていなかったように思う・・・。

  ★ 懐かしい・・・

無論,ココに展示されていた車両は・・・,

DSCN1184.jpg

 である・・・。

そうそう・・・,ココのブースにいた方に,この車両の事について色々話を聞いていて・・・,

今回の祭典開催前に少し残念な事があったようで・・・。 それが何かはあえて記載しないでおこう。

「86」を後に進んでいくと,今度は!

DSCN1191.jpg

「TOYOTA FJ」が展示されていた。

当方宅の近所にも,これと同じ「FJ」が停まっているけど,この車種はココまで手を加えると「いかにも!」という感じでカッコいい!

  ★ 中途半端な改造はいけないよぉ~! やるなら「ガツン」と!!

会場内の人の流れのまま進んでいく。 すると・・・,

DSCN1195.jpg

DSCN1198.jpg

最近,街中でもよく目にするようになった「ハイブリット車」の「縦輪切り」

正直これには驚いた! というのも,ココでの勉強のためなんだろうけど,最先端の車両をこのような状態にまでして,それもかなり細かい説明付きで展示していた・・・。

  ★ そんじゃそこらの展示会場では絶対に目にしない

で!,まぁ~・・・,何だぁ~。 朝早くから動いているせいか,小腹がすき・・・,

DSCN1202.jpg

「埼玉自動車大学校」特製の「やきそば」ゲット!

続いて,室内展示を見て回る。

DSCN1216.jpg

二輪の世界では有名な「陸王」

DSCN1210.jpg

「ラビット」に「BMW600」

そう!,今回一緒に来たメンバーに 「ラビット」 を所有する人がいる。 それはそれは!ココに展示されている「ラビット」よりキレイ!

  ★ 一度だけ運転させてもらったことがある!

DSCN1220.jpg

「いかにも!」なレース専用車両。

室内展示場から通路に出てみると,こんな未来的なものが販売されていた。

DSCN1203.jpg

最近,成田空港の出国受付カウンターなどで警備車両として採用されたと報道があった「セグウェイ」のハンドルがないタイプ。 

試乗が出来るということで,少し見ていると,若い子(子供たち)は読み込みが早いのか,チョットした手ほどきですぐに乗れるように・・・。

DSCN1208.jpg

しかし・・・,大人はへっぴり腰になりすぎていて,中々乗りこなせないようだった。 無論,当方もへっぴり腰になって乗りこなせそうになかったので,試乗はしなかった! 

でも,近い将来こういう車両が道端にあふれるんだろうかねぇ~?

続いて体育館らしき,かなり広い室内へ移動して,真っ先に目に飛び込んできた車両は・・・,

DSCN1233.jpg
DSCN1240.jpg

普段の生活で,絶対にお世話になりたくない「白バイ」。

「白バイ」は「白バイ」でも,「側車付ゴールドウィング(1500cc)」まで展示してあるとは驚き!

また,最近どこでも導入が進んでいるとされる「CB1300P」, この「CB1300P」を乗りこなしている隊員は,見た目にも小柄な女性隊員だった。

この女性隊員に,「私も同じ「CB1300SB」に乗っているんですよ」と声を掛け,この車両について,また,運用・運行の事についても話を聞くことができた。

スゴイと思ったのは,女性隊員とはいえ,このバイクの手入れ,オイル交換をはじめ各種のメンテナンスは自身でやるのだとか・・・。

さすがに「電気系統は苦手・・・」という話だったけど,ほとんどの整備を自分で手掛けているとは,何とも頭が下がる思いだ。

  ★ 当方も,今以上に手入れが出来るようにならないといけないなぁ~

警察車両の所にあった,「このバイクで取締りするの?」と思える車両が1台・・・。

DSCN1234.jpg

後ろのサイドケースは車格にあってるかな(?)と思えても,前にある赤色灯とスピーカーが大きすぎて,実にアンバランス。

まぁ~,これはこれでカッコいいけど・・・,ねぇ~。 (微妙・・・?)

ココの会場には,自衛隊の車両も展示してあったけど,5月の静岡ホビーショーで散々見て回ったので割愛!

この他・・・,

DSCN1251.jpg

ピンクの「CB400SF」・・・。 最近,こんなアニメ,やっているのかな・・・?(有名なのかな?)

DSCN1254.jpg
DSCN1244.jpg

「おぉぉ・・・!」 このサイドカー,実物は初めて見た。 昔,とあるマンガで見たことはあったけど・・・。

  ★ とあるマンガとは・・・,「ああっ女神さまっ」

実物の,レース用サイドカーを見た!と感動しながら屋外に出てみるた。 すると・・・,

DSCN1262.jpg

今回,当方が乗ってきたバイクと同じバイクがある・・・, ある? う?

  えっ・・・? なんじゃってぇ~!?  「KSR2」が 「1円」とな・・・?

この「KSR2」・・・,これまでの状況は分らないけど,走行距離は当方のKSR2より走っていないぞ。 おまけにタイヤも新品同様。 エンジン部分の表面・チャンバー部分は・・・,当方のKSR2の方がきれいだ!

正直,この価格に,先ほどまでの感動は飛んで行ってしまったことは言うまでもない・・・。

次回につづく!


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

簡易型デジタルトランシーバー VXD20 購入 [アマチュア無線]

前回の記事と若干前後するけど・・・, 

先月末に急きょ,「仕事」 の都合で,簡易型デジタルトランシーバー「VXD20」を購入した。

DSCN1063.jpg

・・・ 仕事の都合で ・・・?, う~~~ん・・・,

仕事で使用するんなら,トランシーバー自体必要な台数は会社側で用意するのだから,個人で購入する必要はないでしょう,と言われるかもしれない。

しかし,ここ数年,ネットや専門雑誌を見ていると 「簡易型デジタルトランシーバー」 の記事をよく目にするようになり,正直 「この周波数帯はどんな世界なんだろう?」,「皆さん,どんな楽しみ方をしているのだろう?」 と個人的に興味を持ち始めていた。

言わずと知れず,職場で用意してくれたトランシーバーは個人的趣味で使用することはできない・・・。

また個人購入したものを,いくら通信可能とはいえ職場に持ち込み使用するのも「いかがなの・・・?」などの意見もあると思う・・・。

・・・とまぁ~,色々と悩んで考えて・・・,色々葛藤した結果!・・・, 「仮」 でも「アマチュア無線」なる趣味を持つ身としては,「チョット(?)見栄を張って!」と言われようとも,個人専用機として1台は揃えておきたい! という思いに行きつき,購入を決めた。

  ★ 個人専用機じゃないと「愛着」もわかないし・・・

  ★ このトランシーバーなら「地域」でも使用できそうだし・・・

このトランシーバーを購入するにあたり,職場で用意されるトランシーバーは「ICOM社」ということだったので,「同じメーカーの同機種でも・・・?」 と思ったけど,混乱を招くこともあるのでは(?)と思いやめた。

で!,機種選びに色々悩んだ結果,「バーテックス・スタンダード」の「VXD20」を選択。

箱を開けて,トランシーバーをはじめ,部材一式を取り出してみた。

DSCN1046.jpg

取り出して最初に思ったこと!

「アマチュア無線機」の世界では「オプション」になりそうな品々が最初から同梱されている!

  ★ 充電器台や大型バッテリーなど

職場で使用する際,仕事の内容と立場的に 「センター局」 となりそうなので,少しでも良く聞こえるようにしておこうと,少し長めの社外アンテナ(DIAMOND社 SRH350DH)を合わせて購入。

DSCN1065.jpg

このアンテナなら,(無論純正のアンテナでも可能だが)手持ちのクリップ型基台にも取り付けられ,多少でも高さを稼いで設置することも可能だ。

取扱説明書の袋を開封して即免許申請をして・・・,だいたい10日弱で免許状が届いた。

DSCN1108.jpg

そうそう!,

今回購入した「簡易型デジタルトランシーバー」以外に,当方宅では「アマチュア無線」のハンディー機に取り付けるアンテナが数本ある。

まぁ~,早々間違って取り付けることはないと思うけど,今回購入した「簡易型デジタルトランシーバー」用のアンテナには目印として「黄色」のテープを付けた。

DSCN1133.jpg

それと, DIAMOND社の 「SRH350DH」 を無線機に取り付けてみると・・・

DSCN1137.jpg

根元部分に隙間が・・・。

仕方なく,隙間の間隔と取り付け部分の径を計って,ホームセンターでゴム環を買ってきて取り付けた。

DSCN1139.jpg

状況はこんな感じだ!

隙間がなくなり,アンテナ自体がトランシーバー本体に密着して安定したという感じ。

さて・・・,アマチュア無線の世界なら,免許状が送られてきたら一番最初に見る「呼出名称(個人コールサイン)」があるけど ,「簡易型デジタルトランシーバー」の免許状には記載がない・・・。

「呼出名称はどんなものでも可能!」 ということなので,ここは既に「簡易型デジタルトランシーバー」を楽しんでいる方々を見習って,今からウン十年前に頂いて使用していた「市民バンド(CB)」の「呼出名称」でも復活させるかねぇ~。

  ★ 仕事では使用できそうにないけど・・・  


同軸ケーブルを頂いた [アマチュア無線]

先週半ばの事・・・。

とある友人から「(少し太め目の)同軸と言われるケーブルが大量にあるけどいる~?」という連絡をもらい,アマチュア無線を趣味とする当方にとって「願ってもない幸運!」とばかりに見に(頂き)に行ってきた。

その友人(かなり若い!)は,多少珍しい(?)と思うのだが,電気工事関係の仕事をするものの,アマチュア無線など「無線」という趣味はなく,品物(ケーブル)が 「同軸ケーブル」 ということはわかっても,その種類・型式などについては今一つ分らないようである。

で!,その友人宅へ行ってみると・・・,

写真を撮り忘れたので紹介は出来ないが,それはそれは 「こんなにも大量の同軸ケーブルどうしたの?」 と言わんばかりの同軸ケーブルが庭先に積んであった。

友人の話振りから,「少し太めの・・・」という文言に,せめて「5D2V」とか,「8D2V」クラスだと思っていたけど,行って見ると 「10DFB」 ばかり・・・。

どれも,「即廃棄」となるという・・・。

  ★ なんてもったいない!! 

その同軸ケーブルの中から,少し長めの同軸ケーブルを数本を頂いてきた。

DSCN1094.jpg

どれも,使用していた現場で撤去して,そのまま適当に巻いて持ち帰ってきたものだという。 

今回頂いてきたケーブルは・・・,

DSCN1095.jpg

未使用の「5D-2V」ケーブルと・・・,

  ★ フジクラ電線じゃないけど・・・ 

DSCN1099.jpg

「10D-FB LITE

DSCN1100.jpg

普通の「10D-FB」ケーブル。 

全部で4本ほど。 実測はしていないけど,どれも20m~30m(それ以上?)はありそう。

現場でとりあえず巻いて持ち帰ってきた,ということで固定用に巻いたビニールテープがどれも伸び,ケーブルの表面はテープの粘着部が溶けて(?) 「ベトベト」している。

  ★ この時期なら仕方ないかもね・・・?

とりあえず,今後の使用方法が決定するまでの間,シッカリ保存しておこうと思い,ベトベトしたビニールテープを取り払い,倉庫内で保管できるようケーブルを巻きなおした。

DSCN1104.jpg

「10D-FB LITE」を巻いた時はそう感じなかったけど,「(純の)10D-FB」を巻いていて,「このケーブルって,こんなにも重いケーブルだったっけ!?」 と感じた!

  ★ 「LITE ケーブルってすごいんだね!」

ケーブルの先端にはどれも「N型コネクター」が付いていて,取り外す時チャンと処理されていたようで,どれを見ても綺麗だった。

DSCN1101.jpg
DSCN1103.jpg

作業自体は夕刻からだったとはいえ,雨上がりでこの時期らしい「ムシムシ!」とした気候・・・。

大汗をかきながら,「蚊」と闘いながら,なんとか(1時間強)で作業は完了した。

DSCN1107.jpg

さてさて・・・,コネクター付の太くて立派なケーブル・・・。 今後,使用方法を考えなくては・・・!


前の10件 | -